美容対策方法はいくつかありますが、最も簡単な美容方法と言えばやはり適度な運動なのではないでしょうか?
確かにエステや家庭用美容グッズなどを利用することで美しさを手に入れることは出来ますがまずは運動から始めてみましょう。 今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く「ストリッピング手術」が主流でした。
しかしこの手術では傷跡が残ってしまったり、1?2週間の入院が必要になるなど患者の負担も高いというデメリットがあったのです。
静脈瘤というのは、足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことです。
その結果血液が静脈内にどんどんと溜まってしまうことによって発症してしまう病気なのです。

 

最近急速に普及してきているのが、レーザーを使った静脈瘤の治療法なのです。
レーザー治療は、局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、痛みや傷跡がほとんど残りません。 美容の悩みの中には、自分自身の努力では改善することの出来ない症状もあるものです。
無駄な努力というワケではありませんが、確実に安全な美容を求めているのでしたら美容整形をオススメします。



静脈瘤へのレーザーによる治療ブログ:09月23日

せっかく体操をするなら、
無理なく、効率よく肉体を鍛えられるとうれしいですよね。

さらに気持ちがよくて、楽しければもっといい…

そこでおすすめなのが、温水プールでの体操なんです。

「プール=泳ぐ」と考えてしまいがちですが、
ただ水中で手足を動かしたり歩いたりするだけでも、
水の抵抗によって効果的な体操になります。

しかも、水中では浮力が働くので
コシやひざなどへの負担は軽く、
故障やケガのリスクは陸上よりも小さいんです。

快適な温度が保たれた温水プールで
ふわふわゆらゆらと肉体を動かせば、
心身のリラックスも促されます。

水中では、
うでを前後に動かすような単純な動作でも、
肉体にかかる水の抵抗を変えることで、
体操の強度が調整できます。

水の抵抗は、動く速さの2乗に比例して大きくなり、
手の指を揃えてのばしたり、指の間を広げたりすることで
強弱を変化させることもできます。

つまり、体操の強度を高めたければ、
スピーディに、抵抗が強くかかる方法で動けばよいのです。

水中では水圧が働き、
力のある人には強い負荷、弱い人には弱い負荷がかかるので、
肉体に無理な力が加わることはありません。
これも水中体操ならではの利点です。

さらに、
水中でのウォーキングは効果的な有酸素体操にもなるので、
簡単な水中体操に慣れたら、
少しずつトライしてみるのもよいでしょう。

水中ウォーキングをするときも、
やはり足の動かし方やうでの振り方で、
体操量や鍛える場所を変えられますよ!

まずは、童心にもどって
水と戯れるように、
水中での簡単な体操から始めてみてはいかがでしょうか?


このページの先頭へ戻る