多くの人が美容整形というイメージから、何となく避けてしまっていますが、決して避ける必要はありません。
美しさというのは簡単には実現することが出来ないものなのですで、美容整形で自分の夢を叶えてみませんか? 完治するまでに時間がかかってしまい傷がへこんでしまうなど、ほくろのくりぬき法は傷が深くなることもあります。
大きなホクロに対してはまた別の施術を施す必要があり、小さめのほくろに効果があります。
今では丸くホクロの形に添り、皮膚をくり貫くこととなるくりぬき法と呼ばれている治療法が人気となっています。
再発をしてしまう可能性もほくろの組織自体を綺麗に除去する施術ですのでほぼありません。

 

Qスイッチレーザーというのは比較的新しいタイプのレーザー治療であり、ほくろに有効的な治療法の一つとして注目されています。
周囲の正常細胞に悪影響を与えることは一切なく、ホクロに対してのみ効果となります。 美容は決して難しく考えること無く、とにかく正しい美容方法を行っていくことが大切なのです。
実際に美容対策をしている人の中に、全く効果の無い方法を行なっている人がいるので注意するようにしましょう。



くりぬき法とQスイッチレーザーでホクロ治療ブログ:07月25日

GoodAfternoon!

シェイプアップ中は、
おやつは控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ〜?

で、ボクは考えてみました…

「おやつを食べたーい!」という人の頭の中は
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、腹が空いていなくても、
おやつのパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
おやつを食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「おやつ」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
おやつのパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分の腹を写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もおやつのパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「おやつ」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
おやつのパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?


このページの先頭へ戻る